日本オリーブオイルソムリエ協会主催の国際コンペで銀賞を獲りました!

オリーブオイル 石けん サラダ オリーブオイル工場 オリーブの林

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

第7号(2002年9月1日発行)
  1. 第6回お料理講座

    毎日食べるオリーブオイル♪ オリーブオイル大好き・仙台のIさんご紹介

    =ニンニク醤油ドレッシング=

    材料)ニンニク、醤油、オリーブオイル

    1.ニンニクを切って軽く空煎りして水分をとばす。
    2.ニンニクに焦げ目がついたら、オリーブオイルをがばっと入れて熱する。
    3.2のオリーブオイルを野菜にかける。その上に醤油をかけてあえる。

    ※ レタスやタマネギの千切りにかけると、しなっとしてマリネのようになる。野菜をあらまじめ水にさらさなくても辛味がとれておいしい。シーチキンや蒸した鶏を加えればワンランク・アップ!

  2. 皆さんの声コーナー

    つれあいは、うちのパンに(自家製酵母と岩手県産小麦100%がウリのパン屋なんです)オリーブオイルをたらたらーっとつけて食べるのが好き。私は、せんぎりにしてゆでたじゃがいもを、オリーブオイル+酢-塩コショウ+マスタードシードで和えたサラダが好きです。
    (岩手のHさん)

    (頭がかゆくて仕方がなかったのですが)、2週間ほど前からオリーブ石けんで髪の毛を洗ってますが、調子がいいですヨ。髪の毛にツヤが出るようになりました。さすがにリンスしないとゴワゴワになるので、石けん系リンスを使っていますが、何かオススメがあれば教えて下さい。
    (東京のYさん)

     洗う前にブラッシング、次にお湯だけで予洗いして汗やほこりを落とします。石けんを泡立てて、ていねいに2度洗い(せっけんはできるだけ少なめに)。すすぎは、せっけんカスの付着を防ぐためにシャワーで洗い流す感じでしっかりと。リンスは、せっけんシャンプー用リンスまたは酢、クエン酸、レモンなどを薄めて使う。せっけんのアルカリ性を中和し、くし通りもよくなります。せっけんに切り替えたばかりの時は、予洗い→リンス→せっけんで2度洗い→リンスの順で洗うとフケや髪のガサガサ感が和らぎます。
    また、5〜10ccの穀物酢または米酢を洗面器一杯のお湯で薄め地肌を揉み洗い、髪も洗い、その後よくすすいでおしまい。リンスも不要というシャンプー方法もあります。余分な脂分を取ることなく殺菌効果と柔軟効果があるので、髪質が回復し、環境不可ゼロ、痛んだ髪にもやさしい究極の洗い方です。
    (『杜のエコラの宝もの』より)

    ※ 長くせっけんを使っている場合は、2度洗いもしもなくて十分になるようです。個人差がありますので工夫してお使い下さい。

    この他にも、

    「最初はオリーブオイルの香りに慣れなかったのですが、今ではこれしか使えません」

    「今まで1個2000円の石けんを使っていたのにこのオリーブ石けんの方が気持ちいい」

    などの声が寄せられています。
    (一般的に、石けんの効果は人によって、または体の部位によって違います。)

  3. 訪問記(2002年7月)
  4. 本のコーナー
投稿日:2002年09月01日(日)
この記事のURL:http://paleoli.org/?eid=201