オリーブオイル石けん サラダ オリーブオイル工場オリーブの林

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

『ぜいとぅーん』63号 ホンダ・イスラエル

『ぜいとぅーん』63号 2018年2月28日発行

2月23、24日にイスラエル・モータースポーツ協会の主催で、ホンダ・モーターサイクル・イスラエルが協力して、ヨルダン川西岸地区の入植地に隣接するサーキットでロードレースが開催される予定でした。しかし、世界中から批判を浴び、参加者のライダーからも異議があがり、レースの会場はイスラエル領内に変更すると発表され、結局、レース自体が中止となりました(主催者側はサーキットの状態が良くないため、と説明しています)。

詳しい内容や抗議の声明は「パレスチナの平和を考える会」のサイトをご覧ください→こちら

ところで、ヨーロッパでのBDS(ボイコット、投資撤収、制裁)の強まりによって、イスラエルは中国・インド・日本を向いた「ルック・イースト政策」を取っていると言われています。

2014年に日本・イスラエル間で包括的パートナーシップ協定が結ばれ、この3年間で日本からイスラエルの投資額は20倍に増えました。それでも、2016年の日本からイスラエルの投資は220億円に対し、中国からイスラエルへの投資は約2兆円です。

目次に戻る

投稿日:2018年06月11日(月)
この記事のURL:http://paleoli.org/?eid=272