共著『パレスチナのちいさないとなみ』が出ました!

オリーブオイル石けん刺繍製品 パレスチナのちいさないとなみ オリーブオイル工場オリーブの林

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

『ぜいとぅーん』65号 イドナ村女性組合

『ぜいとぅーん』65号 2019年3月1日発行

新しいセンターに初めて行きました。前の場所の家賃が値上がりして新しいセンターに引越して数ヶ月。パレスチナではよくある話。ところで、この事務所は約20年で6ヶ所目。屋根から水漏れするような場所で湿気が商品に良くないということで引っ越した場所。イスラエル軍が同じ建物の2階に踏み込んだついでに、イドナ村女性組合の事務所まで荒らして引っ越した場所、など理由はいろいろです。

私は今回も、注文していた約150個の商品を数時間かけて検品。これらの商品はスタッフたちが既に一通り検品しているため、「全部、合格だといいけど」とちょっと緊張の面持ち。プレッシャーをかけるつもりはないのですが。ちょっとした刺繍の漏れなどを指摘、その場で直してもらいました。最初の頃は、縫製に問題がありましたが、本当に良くなりました。刺繍のミスの方は、私が検品に慣れすぎて細かいところまで見つけてしまいますが「完璧」を目指すべきなのかは難しいところです。

私が検品している間、他のスタッフは生地を切っていたり、仕上げのアイロンをかけていたりしていました。刺繍をする人たちは、布と刺繍糸、デザインを取りに来て、家で時間があるときに刺繍します。

そして、仕事の後は、みんなと一緒に美味しい昼ご飯。いつもマクルーベだから、と今回はカプサを作ってくれました。鶏肉を茹でたスープに野菜を加えトマト味にしてご飯を炊いたもので、その上に鶏肉とアーモンドを乗せます。パレスチナでは、揚げたアーモンドをお料理のトッピングにすることが多いのですが、私はそのアーモンドが好きです。このご飯にはプレーンヨーグルトをかけます。よく合います!

家族の仕事

イドナ村女性組合は代表がナイーメさん、会計がサーディーエさん、商品開発担当者がヌハさん。ご飯を食べながら、夫の仕事などについて訊きました。

驚いたのは、ヌハさんの夫の仕事が変わってしまっていたこと。イドナ村の隣の村に住み、養鶏している人たちから卵を集め、近隣の村々のお店に売る仕事をずっとしてきましたが、いま車やコンピューターの部品を買い取って売る仕事をしているのだそうです。サーディーエさんの夫は、夜にガードマンをしています。ナイーメさんの夫はもうすぐ55歳になります。55歳になるとイスラエルで働きやすくなるので55歳になるのを待っている、とのこと。

イドナ村はイスラエルとの境界線(1949年停戦ライン)沿いにあり、イスラエルへの出稼ぎが多かったのですが、1990年代以降にイスラエルが外国人労働者を増やし、2000~2004年の第2次インティファーダ(イスラエル軍の軍事侵攻)、2002年からの分離壁の建設、という中で、出稼ぎは減っていました(イスラエルは労働許可証を増減させることでコントロール)。いま、少し許可証が出やすくなっているようで、スタッフの息子さんの一人もイスラエルに働きに出ていました。

ところで、サーディーエさんの娘のモシーラさんは大学で数学を学び、学校の先生になりたかったのですが仕事がないままです。週に2回、イドナ女性組合でパートスタッフとして、メール・売上管理などコンピューターを使う仕事をしています。そして、いま、週2回、センターの場所を借りて、放課後に子どもたち8人の補修授業を始めたそうです。

目次に戻る

投稿日:2019年09月23日(月)
この記事のURL:http://paleoli.org/?eid=287